日報作成

チームToDo

actuarise株式会社

チームToDoはToDoを完了させるだけで日報が自動で作成できるタスクベースマネジメントツールです。テレワークで働く社員の作業予定とアウトプットをタスクレベルで把握することができますので、サボっていないか部下を監視する必要はありません。

チームToDo

actuarise

actuarise株式会社

カテゴリ

  • 日報作成

目的

  • コミュニケーション

規模

  • 大企業向け
  • 中小企業向け
  • 個人事業主向け

3つのPOINT

1.その日のToDoをメールで送信
上司にもメールがCCで届くので、今日やる仕事(ToDo)を入力していない部下に注意できます。

2.ToDoを完了させると自動で日報に移動
作業が終わったらToDoを完了処理するだけでToDoから消えて日報に移動するので、手間なく日報が作成できます。

3.日報のコメント欄で部下と上司の対話
完了したToDoだけでは伝わらない業務の進捗状況や相談を書き込んで、上司からもアドバイスやコメントを残せます。

 

部下に指示したToDoの期限を厳格に管理

 

チームToDoではメールのように部下に指示を送ることができます。受信トレイに届いたToDoを相手が受付すると期限が決定しますが、それを延長できるのは指示をした人のみで、相手が変更することはできません。仕事が完了したらToDoを完了報告し、指示をした人が承認しないと相手のToDoから消えず、承認する際に相手に「サンキューポイント」を送ることができますが、期限を過ぎると悪い評価しか押せません。このように部下への指示が途中でフェードアウトすることなく、期限を守らせる仕組みがチームToDoの特徴です。

 

声と画像で指示を伝えられて、
テンプレートから一括で複数の指示をだせる

 

チームToDoで部下に指示を出す方法は、件名や本文に入力するテキスト(文字)に加えて、スクリーンショットなどの画像を本文に埋め込んだり、声を録音して添付することも可能です。文字だけだと微妙なニュアンスが伝わりませんし、感情が読み取れないので無機質な印象を与えてしまいがちですが、声と画像を組み合わせることでその課題を解決できます。また定形の業務はテンプレートを作っておくと便利です。1つのテンプレートで複数のToDoを相手に送ることができますので、細かく分けて完了報告を受けることができ、同じToDoをチーム全員に送ることもできますので、部下一人ひとりの進捗を確認することも可能です。

 

仕事が滞っている部下や
返信の遅いルーズな部下を見つけ出す

 

テレワークで離れて仕事をしている際に困るのはレス(返信)の遅い人です。チームToDoでは毎日決まった時刻に、その日のToDoやスケジュールをメールで送る機能がありますが、それをCCで上司に送信することができます。そこには受信トレイの未回答件数や、チャットの未読件数、招待されたスケジュールの未回答件数、期限切れになっているToDo件数が記載されていますので、そのメールを見るだけで、仕事が滞っている部下や返信を怠っているルーズな部下を見つけ出すことができます。

 

担当者の声

チームToDoは一般的なタスク管理ツールと違って、管理職が部下を管理するための様々なこだわり機能があります。サービスのコンセプトは実際に上場企業で営業所長をしていた実体験がベースになっています。他のツールを試したけど、うまく運用できなかった経験をお持ちでしたら、ぜひチームToDoをご検討ください。

利用料金

利用料金
1ユーザーあたり月額(税別)
Lite Edition 1,300円
Standard Edition 1,800円
Premium Edition 2,300円
初期費用
なし
無料プラン
あり
無料トライアル
あり

会社概要

actuarise

企業名

actuarise株式会社

事業内容

actuariseはワークライフバランスやテレワークのコンサルティングを通じて課題解決ができるITツールを提供しています。業務効率化に効果的なルールとツールの活用法をアドバイスさせていただきます。