テレワークマガジン

テレトヨ!編集部によるによるテレワークの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

編集部記事

サテライトオフィスの探し方をご紹介!

  • AIサービス
  • 業種・業態
  • 編集部記事

虫眼鏡のイメージ写真

働き方改革の一環でサテライトオフィス勤務が知られるようになりました。フリーランスとして個人で利用している人もいます。サテライトオフィスについては後述で詳しく説明をしていきますが、本社や本拠地から離れた所に設置されたオフィスに出社し仕事をするワークスタイルです。郊外や地方で仕事ができるため、通勤時間の削減をすることができます。共有型(シェア型)のサテライトオフィスではほかの企業の人やフリーランスの人もいます。

■本記事ではサテライトオフィスの探し方をご紹介します!

「サテライトオフィスというワードを耳にしたことはあるけれど詳しくはわからない。」「サテライトオフィスの探し方がわからない。」という方に向けて、サテライトオフィスについての説明を交えながら探し方をご紹介します。

〇サテライトオフィスとは?

サテライトオフィスとは企業の本社や本拠地から離れた所に設置されたオフィスのことです。”サテライト=衛星”のように存在するオフィスという意味で、サテライトオフィスと名付けられました。例えば、本社が東京にありサテライトオフィスを埼玉に設置したりするように、オフィスの所在地を増やすことで多様な働き方を実現するのがサテライトオフィスです。

場所に影響する「都市型」「郊外型」「地方型」のほかにオフィスのスタイルとして、「専用型」と「共有型(シェア型)」があります。専用型は自社で用意するのに対して共有型はほかの企業や人とオフィスを共有します。

〇サテライトオフィスのメリット

冒頭で述べたように通勤時間の削減が代表的なメリットとしてありますが、ほかにも様々なメリットがあります。

・通勤、移動時間の削減
 →通勤や移動時間が減るため生産性を向上させることができます。満員電車の通勤による疲労から解放され、日中のアウトプットの質を高めることが期待できます。
・効率的、地域密着型の営業活動を実現
 →外回り中に本社に戻る移動時間を削減できるので効率が上がるだけでなく、地域のクライアントと密にコミュニケーションをとれるようになります。また、実際にその地域で活動することで地域の特性知ったりすることができるため、地域密着型の営業活動をすることができます。営業職向けのメリットと言えるでしょう。
・仕事と育児・介護の両立
 →育児・介護をしながら働くことができるため、女性の雇用機会が増え優秀な人材を確保することができます。働きたいけれども、育児・介護で目が離せなかったり子どものお迎えがあったりして働くことを躊躇していた人が働けるようになります。
・地域活性化
 →地方に住んでいる求職者は通勤が難しく、今まで求人募集のターゲットにならなかった場面が少なからずあったかと思います。サテライトオフィス勤務が実現できれば、地方に住んでいる人材をターゲットにすることができます。また、理想のライフスタイルがあり、のどかな地方に住みながら働きたいと考えている人の引っ越しによる離職・退職を防ぐことができます。

〇サテライトオフィスの探し方

サテライトオフィスを探すことができるサイトがいくつかありますのでリストアップしました。不動産の企業がサテライトオフィス事業に参入しています。


NewWork/東急株式会社
不動産業界の大手、東急が運営している共有型のサテライトオフィスです。フリーランスの利用はできず、入会は従業員数100名以上の企業様かつ、最低入会ライセンス20以上の法人企業のみの利用となっています。基本的には事前予約なしで入り口にて専用カードキーをかざすことで使用できます。※一部サイト内で事前予約が必要な店舗があります。

展開地域:都心・首都圏を中心とした全国
設備:プリンター、会議室、Wi-Fi、モニター、契約者用ロッカー ※店舗による
料金:従量制プラン→700円/1時間 定額制プラン→月額3000円


ワークスタイリング/三井不動産株式会社
こちらも不動産業界大手の三井不動産が運営している法人向けの共有型サテライトオフィスです。入室時にスマートフォンのQRコードをかざすことで入館することができます。また、管理者は従業員の入退室履歴を管理画面で確認することができます。高いセキュリティを備えたハイグレードな会議室と応接室を完備したプランがあるのが特徴で、ハイグレードなビルにオフィスを構えたい大手企業向けです。

展開地域:都心・首都圏・大阪・福岡・愛知・札幌など
設備:プリンター、会議室、Wi-Fi、電話ブース、備品貸出、ロッカー、シャワールーム
料金:SHARE→300円/10分 FLEX(ハイグレードなオフィス):月額8万円~


TOKYOテレワークアプリ/東京都
こちらは東京都の公式スマホアプリです。テレワークの導入・実践に必要な情報を入手できるほか、セミナー等の申込みやサテライトオフィス等の検索ができます。また、便利な勤怠管理機能もありますので下記にて各機能をご紹介します。

展開地域: 東京都内及び近郊
設備:施設による
料金:施設による

機能① サテライトオフィス検索
地図上で、現在地の周辺にあるサテライトオフィスやコワーキングスペース、ワークスペースとしても利用できるカフェや公共施設などを簡単に探すことができます。また、所在エリアやフリーワード等から東京都内及び近郊のサテライトオフィス等を検索することができます。

機能② 簡易テレワーク勤怠管理
従業員がアプリで勤怠を登録すると所属する企業に勤怠情報を報告することができます。「テレワークタイムの開始」ボタンで簡単に勤怠を記録できるだけなく、後から修正も可能です。

機能③ コンシェルジュ機能
コンシェルジュ(チャットボット)がテレワークに関する疑問に応じた適切なメニュー、QAサイトへ案内してくれます。

機能④ そのほか便利機能
・テレワークセミナー・イベント情報の検索
・テレワーク推進支援施策の紹介
・テレワークの実践事例検索
・テレワーク導入ガイド
・テレワーク推進のQ&A
・テレワーク推進センター相談予約

〇まとめ

サテライトオフィスの探し方として、サテライトオフィスを検索できるサイトをご紹介しました。ご紹介した検索サイト・アプリではカードキーで入室・退室ログがわかったりアプリから勤怠登録ができたりと、従業員の勤怠管理ができるようになっています。また、ネット環境のインフラから会議室、電話ブース、備品の貸出など設備も整っているので快適なテレワークを実現できることでしょう。

東京都の公式アプリはサテライトオフィスの検索、勤怠管理だけでなくテレワーク導入ガイドや事例を見ることもできます。これらを駆使して快適なサテライトオフィス勤務を導入されてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事で紹介されたテレワークサービスを無料で資料請求