テレワークマガジン

テレトヨ!編集部によるによるテレワークの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

編集部記事

テレワークの種類とそれぞれのメリット・デメリットとは?

  • AIサービス
  • 業種・業態
  • 編集部記事

telework

新型コロナウィルスの感染拡大防止策の一環で、テレワークという言葉が世間で多く耳にされるようになりました。新型コロナウィルスが流行する以前から、働き方改革としてテレワークを導入している企業もあります。

「働き方改革」とは、働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指すことです。(厚生労働省 公式サイトより)
働き方改革は労働力不足の解消を目的としています。そこで、テレワークを活用し多様な働き方が実現されることで、働き手を増やす、生産性の向上、出生率の向上が期待されます。

■本記事ではテレワークの種類3つとそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します!

“テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。”(一般社団法人・テレワーク協会 公式サイトより)

「テレワーク」と聞くと、PCを使用して”自宅で仕事をする”イメージが強いかと思いますが、“場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです“とあるように実はテレワークは自宅だけではないのです。

テレワークには、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つがあり、それぞれ目的によって使い分けされ、就業場所が異なります。

在宅勤務

自宅を就業場所として、PCや電話を活用しながら勤務をするスタイルことです。多くの方がイメージされるのはこちらの在宅勤務ではないでしょうか。遠隔での就業をサポートするためにチャットツールやテレビ会議システムのほか、勤怠システムやどこでも社内資料にアクセスできるようクラウドストレージが活用されたりします。

メリット


・通勤時間と交通費の削減
 →オフィスに通勤する必要がなくなるため、通勤による疲労とストレスから解放されます。満員電車に乗って通勤していると会社に来るだけで疲れてしまいますが、在宅勤務なら日中のパフォーマンスを最大限に高めることができます。
・育児や介護をしながら働くことができる
 →育児や介護のために働くことを諦めていた優秀な人材の獲得や女性の雇用機会の創出だけでなく、離職を防ぐこともできます。

デメリット


・自己管理が難しい
 →周囲の目がないことに加えて、指示の頻度が減ることである程度自由に仕事ができるようになると自己管理が難しくなってきます。いつでも仕事ができる環境が故に、終業後もダラダラと仕事をしてしまい労働時間が増えたり、周囲の目がないためにサボってしまう従業員がどうしても出てきたりします。PCへのログイン状況や作業画面を遠隔管理できるツールを導入することで防ぐことができます。
・コミュニケーションの不足
 →オフィスに出社しないため、必然的にコミュニケーションが減ります。認識の祖語が発生したりチームワークに影響がでてきたりしてしまいます。チャットツールやWeb会議システムをうまく活用しコミュニケーションを減らさないようにすることが大切です。

②モバイルワーク

カフェや顧客先などでPC、タブレット、スマートフォンのなどのインターネット機器を活用して働くスタイルのことです。主に外回りの営業に多い働き方です。営業職の方はカフェで作業することがあるかと思いますが、実はテレワークだったのです。

メリット


・生産性の向上
 →オフィスに戻ることなく営業回りの途中で打ち合わせの内容をまとめたり、作業をしたりすることができるため時間をロスせずに済みます。

デメリット


・PCや機器の紛失の可能性
 →社外に機器を持ち出すため、当然ながら紛失・盗難の可能性があります。また、紛失・盗難によって情報漏洩に繋がってしまうリスクがあります。
・ほかのテレワークに比べて情報漏洩のリスクが高い
 →上記にあげた、情報漏洩の原因となる紛失・盗難はもちろんのこと、ほかにも第三者による覗き見(ショルダーハッキング)や暗号化されていないフリーWi-Fiの使用によって情報が抜き取られる可能性があります。覗き見防止フィルターを使用したり、フリーWi-Fiの使用を控えたりする必要があります。

サテライトオフィス勤務

企業の本社や本部から離れた所に設置されたオフィスで働くスタイルのことです。”サテライト=衛星”のように存在するオフィスという意味で、サテライトオフィスと名付けられました。都市型、郊外型、地方型のほか、企業が自社で用意する専用型や、コワーキングスペースのような共用型があります。営業活動の途中で立ち寄って作業したり都心に出ることなく働いたりと、目的に応じてそれぞれ使われます。

メリット


・生産性の向上
 →通勤混雑の回避、移動時間を減らすことができます。
・人材の確保
 →通勤時間が減るため子どものお迎えがある人にとって働きやすい環境になります。また、地方に住んでいる求職者はせっかくいい求人があっても都心にある本社へは通勤が難しく、応募を諦めるなんてことも…。サテライトオフィスがあれば採用のターゲットが広がるため、貴重な応募を取りこぼさず優秀な人材を確保することができます。

デメリット


・導入と管理が難しい
 →サテライトオフィスを導入するにあたり、場所や設備、機器に費用がかかります。また、サテライトオフィスを開設してから誰がどのようにサテライトオフィスとそこで働く従業員を管理するのかを考える必要がでてきます。
・コミュニケーションの不足
 →サテライトオフィス勤務に限らず、テレワーク全般に言えます。サテライトオフィス勤務ではオンラインでのコミュニケーションとなりますが、本社に出社した際に対面でコミュニケーションを取ることができる場を設けるなどしてカバーしましょう。

〇まとめ

3つのテレワーク「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。テレワークによって、企業と従業員それぞれに合った多様な働き方を実現させることができます。新型コロナウィルスによる自粛期間中だけの期間限定テレワークでなく、収束後も「週一日はオフィスに出社、週四日はテレワーク」など柔軟な使い方でテレワークを続ける企業があることでしょう。本サイト「Teletoyo!」ではテレワークに必要な機器、ツール、導入支援サービスなどを掲載していますので、ぜひこの機会にご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事で紹介されたテレワークサービスを無料で資料請求